大学連携によるコオロギの機能性追求

エコロギーは早稲田大学発の昆虫食開発ベンチャー企業です。 早稲田大学および協力大学と連携し、コオロギがもともと固有に持つ様々な機能を研究し、その機能を更に強化したエコロギー独自のコオロギ開発を目指しています。

経営陣プロフィール

エコロギーは早稲田大学でコオロギの研究を始めた創業者(葦苅)がその生産拠点をカンボジアに定め海外に飛び出す形でスタートしました。
「カンボジアで育てたコオロギを触媒として社会課題を解決したい、というビジョンに共鳴するメンバー等が続々とエコロギーに集まってきています。

代表取締役CEO 葦苅 晟矢 (Ashikari Seiya)

1993年生まれ。2017年早稲田大学商学部卒業。同年に同大学院先進理工学研究科に入学。

早稲田大学朝日研究室・東京農工大学・鈴木研究室と昆虫コオロギの利活用に関する共同研究を立ち上げ、

光周期などの外部環境が昆虫コオロギの成育に及ぼす影響について研究に従事。

本研究成果をもとに株式会社ECOLOGGIEを設立。

現在はカンボジアを拠点に事業開発に携わる。

2016年文部科学大臣賞受賞。2019年Forbes 30 Under 30 Japan選出。

COO 池田 健介 (Ikeda Kensuke)

1992年生まれ。在学中は、中東地域のテロ組織と紛争を研究。

その後、富士通総研に入社し、ERP導入のコンサルティングに従事。

オープイノベーション推進や新規事業開発の支援を行う。コンサルティング業の傍らで、2017年にECOLOGGIEに参画。

2020年初頭よりECOLOGGIE専業化。 現在は主に日本国内の昆虫活用マーケット開拓および日本カンボジア両国の業務オペレーションを統括。

CSO 髙 虎男 (Ko Honam)

1974年生まれ。1997年早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。

1996-2001年:大学在学中より監査法人トーマツに入所。大手総合商社、外資系証券会社など幅広い分野に渡る企業の会計監査・財務デューデリに従事。

2001-2008年:(株)ドリームインキュベータ創業期に参画。大企業戦略コンサル及びベンチャー投資事業に従事。東証1部上場の後、同社執行役員を勤め、ベトナム事業を立ち上げ。

2008年 カンボジアで”JCGroup”創業。農業を中心に幅広い現地事業を立ち上げ複合的に展開。

2019年初頭よりECOLOGGIE参画。 カンボジア業務の現地統括、資金調達等を担当。

日本公認会計士 / 米国ワシントン州公認会計士(※米国ライセンスは2016年以降更新停止中)